The quiet beauty of the doll

等身大ドールや球体関節人形など、私が美しいと思うものたちの画像と、思いつくままの独り言。

Extra edition: Hamadera-Kouen

f:id:glitteringrivergreen:20190906212521j:plain

浜寺公園駅舎ギャラリー。

DOLLミーたんとケロロの日記写真展を見に行ってきた。

(続き)

f:id:glitteringrivergreen:20190906212516j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190906212630j:plain

この建物の中に、この子たちは座っていた。

f:id:glitteringrivergreen:20190906212530j:plain

前日、下の画像を Twitter で見たのが、出かけていく決心につながった。

https://pbs.twimg.com/media/EDoZJYaU0AESQm-?format=jpg&name=large

片道2時間少し。

南海電車に乗ったのは卒論ゼミ合宿と称して、

高野山宿坊に泊まりに行ったとき以来。

南海難波駅は、友人が何の祭があるのかと見回して、

普段の姿だと知った時、ひどく落ち込んだ_というほどの人出ではなかった。

それでも、車内には関空に向かうスーツキャリーの若いカップルが目立った。

お隣の国の人たちなのかな。

男女ともすらりとしていて、スタイルが良く、

カジュアルながらも美しい装いだった。

f:id:glitteringrivergreen:20190906212641j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190906212622j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190906212636j:plain

この場所で降りたのは初めてだが、浜寺という地名は

関西人にはハマスイという語で馴染み深い。

長い間カナヅチで過ごしていて、

その後、何とか我流で泳げるようになったからなのか

私には羨望に近い思いも交じっている。

f:id:glitteringrivergreen:20190906212617j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190906212612j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190906212606j:plain

白いドレスのお嬢さんをきちんと写してみたかった。

私にはこれが精一杯。

ただ幸いなことに、彼女は穏やかな表情で座っていた。

f:id:glitteringrivergreen:20190906212534j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190906212539j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190906212550j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190906212545j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190906212601j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190906212555j:plain

奥の展示スペースの様子。

高い天井とそれに見合う窓、照明器具、光が透けていくカーテン。

展示されている写真と相まって、美しい空間演出だと思った。

f:id:glitteringrivergreen:20190906212651j:plain

上は、在廊されていた人形写真家ケロロ様から頂いた

ドールフォト倶楽部のメモリアルパンフレット。

芦別カナディアンワールド廃園に先立ってギャラリーは終了。

大阪湾の東へ移動するだけでも一大決心が必要な私なので、

縺尋・サザッキィ様の Twitter を読みながら、芦別という地が近ければと

何度思ったことだったか。

f:id:glitteringrivergreen:20190906212646j:plain

ケロロ様の写真展は9月15日まで。

大切にされているオリエントの子が二人、あの空間にいるのは、

限られた僅かな時間。

ケロロ様の穏やかなお話も。

最近引きこもりがちになっている私だが、

ビッグネームの方に接してみて、初対面とは思えない気持ちになった。

イントネーションが学生時代の友人と同じだったこともあって、

風貌とともに何とも言えない懐かしさを感じていた。