The quiet beauty of the doll

等身大ドールや球体関節人形など、私が美しいと思うものたちの画像と、思いつくままの独り言。

Ayana: Night shift

f:id:glitteringrivergreen:20190614231356j:plain

エフ・ドールボディにLEVEL-D ヘッド綾苗。

カメラのアスペクト比を 16:9 に変更して撮影している。

以前に比べ横長の画像が増えてきてはいるが、

この比率で暫くやってみるのかどうか、まだ分からない。

今日の撮影は珍しいことに夜間。

灯りを消した廊下との境に立たせ、室内のLED照明のみで撮影している。

(続き)

f:id:glitteringrivergreen:20190614231347j:plain

  • f:id:glitteringrivergreen:20190614231348j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190614231345j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190614231346j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190614231344j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190614231343j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190614231342j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190614231341j:plain

なぜいまごろ現れたのか

そんな台詞だったような気がするが、

"The Night Porter" (愛の嵐)を観たのは、遠い学生の頃。

強烈な印象を残すのに、何度も観たいと思わない映画の多くは、

場末のあちらこちらにあった3本立ての三番館で観ている。

今日の私は、夜間受付をしながら、

暗い廊下の向こう、不意に現れた美しい少女を眺めている…

そんな妄想の中にいた。

  • f:id:glitteringrivergreen:20190614231351j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190614231350j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190614231352j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190614231353j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190614231354j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190614231355j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190614231356j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190614231357j:plain

曖昧な記憶でしかないから、いつの間にか

ヴァディム・グロヴナ監督の「眠れる美女」に繋がっていたりもするし、

夜勤明けの常連さんのために

シャッターを半分だけ上げて仕込みをしていた一杯飲み屋の大将のことを

思い出したりもする。

f:id:glitteringrivergreen:20190614231357j:plain

  • f:id:glitteringrivergreen:20190614231358j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190614231359j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190614231400j:plain

とりとめのない記憶は、

誰かに聞かされる漠然とした夢の話みたいなものだが、

自分にとっては、

どこを探しても見つけられない美しい光のように思える。

f:id:glitteringrivergreen:20190614231349j:plain

最後は、今日変更したアスペクト比で、縦画面にしたもの。

映画のスクリーンが90度立ち上がったような場面を空想すると、

眩暈に似たものを感じた。