The quiet beauty of the doll

等身大ドールや球体関節人形など、私が美しいと思うものたちの画像と、思いつくままの独り言。

Ayana: Two types of her photo books

f:id:glitteringrivergreen:20190824114917j:plain

「靜かな眼差し Still Life with LEVEL-D Ayana 」と題するフォトブック。

右はハードカバー版。左は、その文庫版ということになる。

内容は変わらない。

公開を終了した前のブログの綾苗の画像50枚。

フォーマットが違うため、画像の大きさやレイアウトは異なっている。

(続き)

f:id:glitteringrivergreen:20190822120902j:plain

  • f:id:glitteringrivergreen:20190822120908j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190822120842j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190822120847j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190822120852j:plain

ハードカバー版は横長A4サイズ。

フルフラット製本だから、最近お気に入りのアスペクト比 16:9 の画像を

見開きでレイアウトしてみたい気持ちになる。

1ページ分だけでも既に実物の綾苗よりも大きいのだが、

ポスター同様、大きな画像に強く惹かれてしまう。

このサイズで一般販売してみたいと夢見てはいても、

コストのことを考えると実現は難しい。

f:id:glitteringrivergreen:20190822121039j:plain

今回、上の画像のとおり、プラスチックケースに収められていた。

仕様変更の記載がないため、このサービスが続くのかどうか分からない。

しかし、これが今後も基本仕様であるなら、

限定私家版は、もう他社の製品とあれこれ比べる必要はないと思っている。

  • f:id:glitteringrivergreen:20190824114851j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190822121125j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190824114906j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190824114911j:plain

ハードカバー版に対する文庫版と先に記したが、

実際は新潮文庫より少し大きいのが分かる。

サイズはB6。182mm×128mm。40ページ。

くるみカバー、帯付きのソフトカバー本と言うべきなのだろう。

今回は PHOTOPRESSO ギャラリーでの全ページ紹介は行わない。

f:id:glitteringrivergreen:20190824114856j:plain

綾苗の持ち味を理解したこの画像から始まるのは当然として、

他にどんなものを選んでいるのか。

一部は今日のブログに載せているし、

紹介していただいた project LEVEL-D ホームページの Diary でも

ハードカバー版の1ページ分が見てとれる。

残りは想像していただくしかない。

  • f:id:glitteringrivergreen:20190824114927j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190824114922j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190822121023j:plain

最後に、PHOTOPRESSO ギャラリー「靜かな眼差し」の

アドレスを記しておく。

https://wpb.imagegateway.net/gallery/book/6917568540

「或る夏の終わりに」同様、息の長いアクセスがあれば、と思っている。