The quiet beauty of the doll

等身大ドールや球体関節人形など、私が美しいと思うものたちの画像と、思いつくままの独り言。

Kayla: Blue green dress

f:id:glitteringrivergreen:20190905163341j:plain

ブルーグリーンのワンピース。

これも Tay のために用意したものだが、襟があったので Kayla に着せてみた。

色合いからそんな感じがするのか

池田満寿夫の銅版画を思い出した。

(続き)

  • f:id:glitteringrivergreen:20190905163219j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190905163235j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190905163241j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190905163231j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190905163224j:plain

襟があっても首の皺が気になるため、黄色のバンダナを巻いている。

赤いバンダナも持っていたはずだが、

すぐに見つけることができず、手近にあった黄色で間に合わせた。

しかし、結果的には、これで良かったみたいだ。

西日を浴びて、緑と黄の何れもが一際鮮やかに感じられる。

f:id:glitteringrivergreen:20190905163246j:plain

  • f:id:glitteringrivergreen:20190905163251j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190905163258j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190905163303j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190905163309j:plain

彼女が座っているアルミニウムの脚立には

ステップの両端に、赤に近いオレンジ色のマーカーがある。

僅かだがスニーカーの足元に写っているのが見える。

本当はブルーグリーンのワンピースと一緒に画面に収めたかった。

Kayla には、はっきりした色合いがよく似合うのだろう。

  • f:id:glitteringrivergreen:20190905163335j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190905163327j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190905163322j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190905163317j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190905163313j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190905163346j:plain

改めて、Ex-Lite 廃版の事実が、残念に思えてくる。

皺が多くても、服を着せてしまえば、こんなにスタイルが良くて

軽量で、扱いやすいのに…。

流行り廃りがあるのは仕方ないのかもしれないが、

荒木元太郎作のスポンジ製等身大ドール「衣舞智香菜」が

ワンダーフェスティバルで売り子のように立っていたのは20年ほど前。

時代の流れは予想外にも、重いシリコンドールの方へ振れてしまい、

リアルなクッションドールは、殆ど目にすることがなくなった。

f:id:glitteringrivergreen:20190905163401j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190905163406j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190905163351j:plain

池田満寿夫も、あんなに人気があったのに。

人口に膾炙する_というのは、こういうことなのかと考える。

南佳孝のアルバムアートになっていた銅版画が好きだったし、

名前を貸しただけなのかもしれないが

繊細なレースに縁どられた下着のブランドもあった。

何もかも過去のものになって、廃れてしまうのだろうか。

本当の評価云々は別にしても、

ワーッと盛り上がって、後はウソのように忘れさられていく。

そんな流れには乗りたくはない。

好きなものは、いつまでも好きだと思っていたい。

あちらこちら傷んできているこの Kayla も

大切にしていくつもりだ。