The quiet beauty of the doll

等身大ドールや球体関節人形など、私が美しいと思うものたちの画像と、思いつくままの独り言。

Yuzuki: October rain

f:id:glitteringrivergreen:20191027203402j:plain

久しぶりの穏やかな雨。

窓辺の明かりに精一杯近づけてやって撮影した。

このシリーズ、最近では珍しく綺麗な青が印象に残る。

(続き)

  • f:id:glitteringrivergreen:20191027203357j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20191027203352j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20191027203429j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20191027203424j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20191027203412j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20191027203416j:plain

この青は窓辺に置いたガラス瓶が写り込んだもの。

単焦点レンズ特有のボケが、飲み終わったどぶろくの青い瓶を

非日常の輝きに滲ませている。

雨の日の薄暗い光も、こうして眺めていると、

今年の秋の、あれこれ嫌なことを暫し忘れさせてくれる力があるようだ。

遠い日の、チャペルの高い窓から差し込む光を

何となく思い出していた。

f:id:glitteringrivergreen:20191027203501j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20191027203456j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20191027203451j:plain

窓の向こうの穏やかな雨は、

どこかではまた酷い雨になっているのかもしれない。

そんな思いが頭を過ぎっていく。

平穏な時間だけが当たり前のことではない。

プラスとマイナスが存在するように、災厄もまた当たり前に存在する。

米寿を祝った義母が手を合わせていた姿を思い出した。

  • f:id:glitteringrivergreen:20191027203523j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20191027203512j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20191027203507j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20191027203408j:plain

何事もなく過ぎていきますように。

ささやかな祈りだが、

幸いは自分だけのものではないだろう。

青臭い理想でも薄汚い本音より

美しものは美しい。