The quiet beauty of the doll

等身大ドールや球体関節人形など、私が美しいと思うものたちの画像と、思いつくままの独り言。

Tay: Shining blue

f:id:glitteringrivergreen:20190824173701j:plain
新しい青いワンピース。

ウィッグをブラウン・ロングに戻している。

窓の外は急速に暗くなってきて、小学生の昔なら、

夕立ちが来ると思うような雲行きだった。

(続き)

  • f:id:glitteringrivergreen:20190824173601j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190824173606j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190824173634j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190824173552j:plain

この色。この雰囲気。

実モデルがブラウンだからなのかもしれないが、

彼女にはこのウィッグが一番似合っている。

西日の中の白いドレスばかり見ていたつもりでいる所為か、

鮮やかな青の美しさや

それに繋がる彼女の持ち味を忘れてしまっていたようだ。

ひと頃、彼女にパフスリーブの半袖ブラウスを着せてみたくなって、

あれこれ検索を繰り返していた。

ひらひらの多い白のブラウスはあっても、

サックスブルーのシンプルなものは見つからなかった。

  • f:id:glitteringrivergreen:20190824173628j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190824173624j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190824173617j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190824173613j:plain

暗がりの中の青いブラウスの女性に惹かれるのは

私の夢に繋がるからだろう。

夢は手の届かないもの、潰えるもの、失うもの…

そう思うばかりで、

叶えるものだとは一度も本気で考えたことがない。

それはいったい何故なのだろうか。

  • f:id:glitteringrivergreen:20190824173639j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190824173644j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190824173652j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190824173656j:plain

会いたいと思う人には会ってみる。

そんな格言じみた言葉をSNSで目にした。

なるほどなぁと思うものの、その会いたい人が50年近く前の人であったり、

若い自分自身である場合はどうすれば良いのか。

もう嘗てのように、心が掻き乱されるようなことはないが、

それでも埋火のようなものは、どこかにあって

夢の中や半覚醒の状態のときに

小さな声ながら遠く叫んでみたくなる。

  • f:id:glitteringrivergreen:20190824173719j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190824173714j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190824173710j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190824173706j:plain

暗がりの中の鮮やかな青。

成就することのない夢であっても

夢を見ないよりは幸せではないのか。

夕立にならないまま暮れてしまった次の朝、

夜の間に雨が降ったらしく、

早朝の空気には肌寒ささえ感じた。

夏はまだ終わるはずはないが、秋冷の朝も増えていくのだ。