The quiet beauty of the doll

等身大ドールや球体関節人形など、私が美しいと思うものたちの画像と、思いつくままの独り言。

Yui: Darkness in the daytime

f:id:glitteringrivergreen:20190806091308j:plain

前回の記事 "Yui: Light in midsummer" の装いに

少しだけ付け足す形で再登場。

八月の強い陽射しが

眩しさよりも翳の濃さを際立たせている。

(続き)

f:id:glitteringrivergreen:20190806091231j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190806091252j:plain

トップスはネックレスを足しただけ。他は同じ。

いろいろ変えたのは下半身。

フェイクレザーのスカート。黒い網タイツ。

赤いパンプスはポインテッド・トゥー。ピンヒールの高さは 10cm ぐらい。

100 denier のタイツのお蔭で、かなり冒険をした感じだ。

f:id:glitteringrivergreen:20190806091244j:plain

  • f:id:glitteringrivergreen:20190806091302j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190806091258j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190806091237j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190806091314j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190806091328j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190806091323j:plain

今回も翳の無い明るい画像を目指したのだが

今の気分にそぐわず、早々と撤退。

翳ばかり見つめていた。

f:id:glitteringrivergreen:20190806091358j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190806091405j:plain

何年か前までの八月は、外仕事のために真っ黒に日焼けしていた。

紫外線対策としてサングラスもしていたので、

信号待ちの横断歩道で、一度、交通整理の巡査に声を掛けられたことがある。

誘い込まれるような笑顔だったが、

職務質問だったのでは_と後になって思い当たった。

そんな仕事帰り、週に二度ほど寄道していた立ち飲み屋で、

よく顔を見かけたニッカポッカ姿の職人を思い出す。

彼が食べるものは決まっていて、冬はおでんの大根と玉子。

それが夏の間は(おでん鍋が出ていない時期は)

「ウナギのかば焼き(半分)」に変わる。

飲むのは瓶ビール一本だけ。

彼の顔を確認すると、飲み屋の大将は、瓶ビールの栓を抜き、

半分に切った冷凍のかば焼きを電子レンジに放り込んでいた。

そのため、店に入ってから出るまでの30分ばかり、全くの無言だった。

たまに同業の知人に、小声で挨拶するぐらい。

 

私も何度かその「ウナギのかば焼き(半分)」を肴にしたことがある。

200円ぐらいの品書きが並ぶ店の中で、

輸入物とは言え破格の600円。

肉厚で、タレも旨かった。

  • f:id:glitteringrivergreen:20190806091353j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190806091346j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190806091342j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190806091333j:plain

私が仕事を辞めた同じ頃に、その店も無くなり、

飲み屋でウナギを肴にする縁はなくなった。

土用の丑の日という言葉に乗せられることはないし、

絶滅危惧種云々の議論にも与しないが、

夏の間、仕事帰りに毎日、黙々とウナギを食べていた人の顔を思い出す。

店が無くなった後、近くの駅の売店の前で

缶ビールを飲み干している姿を、一、二度、見かけたことはあるが、

当然ながら、そこにウナギはない。

  • f:id:glitteringrivergreen:20190806091421j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190806091416j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190806091429j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190806091410j:plain

八月の光と濃い翳と。

彼女の横顔の硬い表情を眺めていたら、

電子レンジから出されて、皿ごと熱かったウナギのことや

それを瓶ビールで流し込んでいた

ごつい人を思い出す。

この遣り場のないような気分は何なのか。