The quiet beauty of the doll

等身大ドールや球体関節人形など、私が美しいと思うものたちの画像と、思いつくままの独り言。

Kayla: Lament for the lightweight doll

f:id:glitteringrivergreen:20190705190008j:plain

このブログになってからは初登場である EX- Lite Kayla。

撮り方を忘れてしまっていて、

こんな感じだったかなという雰囲気を摑むまで

少しばかり時間がかかった。

(続き)

  • f:id:glitteringrivergreen:20190705185840j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190705185853j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190705185849j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190705185844j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190705185835j:plain

上は今回のシリーズの最初の辺り。

ネットで廻り合うような、美しい風景の中に立つ Kayla を撮ることは

私にはできない。

それでもカッコイイ女性として撮りたい気持ちが強く、

欠点が露わにないよう心がけている。

しかし、いろんなことを忘れていて、

納得できないままに、バッテリー切れ・終了。

  • f:id:glitteringrivergreen:20190705185919j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190705185924j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190705185915j:plain

ここからは、日を変えての撮り直し。

窓に掛けた布を触りながら、光の当たり方を加減している。

  • f:id:glitteringrivergreen:20190705185937j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190705185933j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190705185928j:plain

撮りながら、EX-Lite 生産終了のことを考えていた。

軽量ドール、クッションドール関係の悲しいニュースが続いている。

着せ替えメインの等身大ドールは売れない_ということなのだろう。

頭では分かっていても、世の中の流れから外れているのは

やはり寂しいことだと思わずにはいられない。

  • f:id:glitteringrivergreen:20190705190003j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190705185959j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190705185948j:plain
  • f:id:glitteringrivergreen:20190705185942j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190705185953j:plain

着せ替えが簡単で、取り回しが楽な軽量160cm ドール。

売り物がないのなら、自分で作ろうと考えるのが普通なのだろう。

 ( http://doku.bimyo.jp/scdj/entrance.html )

そう思いながら、シンディ人形の型紙と作り方を何度も眺めているが、

老眼だからというよりも、

工夫やチャレンジを可能にする心の若さが、

今の私には欠けている。

f:id:glitteringrivergreen:20190705190025j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190705190018j:plain

f:id:glitteringrivergreen:20190705190014j:plain

生産終了のため、新しくすることはもはや不可能となったこの子。

実は、傷んでいる箇所があって、

この先の扱いには注意が必要なことは言うまでもないが、

皮膚の下のスポンジ状のウレタン樹脂がどれくらい持つのか

いささか心許ない気分になっている。